派遣取説(トリセツ)
00024

派遣に役立つ会計ソフトを覚えたい。どんなソフトがオススメですか?

派遣に役立つ会計ソフトを覚えたい場合には、どのようなソフトがおすすめなのでしょうか?よく税理士が使用している会計ソフトについてご紹介しましょう。
編集部

派遣に役立つ会計ソフトはどのようなソフトがおすすめか

派遣に役立つ会計ソフトを覚えたい場合には、どのようなソフトがおすすめなのでしょうか?

よく税理士が使用している会計ソフト

ここでは、よく税理士が使用している会計ソフトについてご紹介しましょう。主な税理士が使用する会計ソフトは、いろいろな会社のものがあります。

地方公共団体、会計事務所向けの情報サービスを行っている会社の会計ソフト

地方公共団体、会計事務所向けの情報サービスを行っている会社の会計ソフトは、会計を処理することから電子申告することまで完全にデータが連動するものです。さらに、顧客情報の膨大な過去のものをベースに作った経営指標のデータを利用することによって、黒字決算のサポートがクライアントに対してできるなど、税理士を支援する機能もあります。この会計ソフトは、税理士会に加入している人しか使うことができないものです。

多くの税理士が導入している会計ソフト

また、多くの税理士が導入している別の会計ソフトは、導入しやすく、分かりやすいために使っている個人事業主・企業が多いものです。この会計ソフトの機能は、会計事務所にとって必要なものを集めたネットワークサーバーのサービスなど、会計ソフト以外にも会計事務所の業務効率をアップするものもサービスしており、非常に充実したサポート体制になっています。

クラウド会計ソフト

今までは、業務効率や操作性の考え方は税理士ごとに違っており、使う会計ソフトが違っていました。しかしながら、税理士によっては顧客の要求に応じた新しい会計ソフトを使う人も多くなっています。このような会計ソフトのひとつとしては、データをパソコン上に蓄積していくようなものでなく、データをクラウド上に蓄積して、仕訳をモバイルのアプリ上やインターネット上で入力するというクラウド会計ソフトもあります。この利便性からユーザーを急速に伸ばしており、いろいろなクラウド会計ソフトがあります。このクラウド会計ソフトの特徴としては、導入する場合の費用が今までのものよりも安く、データが共有しやすいことや操作がしやすいこと、WEB口座でカードや銀行のものと連携していることなどがあります。

会計ソフトを顧客の立場に応じて変更していく

このように、税理士には、会計ソフトを顧客の立場に応じて変更していくというような柔軟性も要求されています。税理士を選ぶ場合には、このような柔軟性がある人を選ぶということも大切になってきます。

Return Top