派遣取説(トリセツ)
00035
2016年11月29日

見極めやタイミングが肝心!派遣で上手く会社を渡り歩く方法とは?

企業の見極め方や円満退職する方法をご紹介します。
編集部

近年、自分にあった条件で働ける「派遣の仕事」を始める人たちが増えています。 しかし、契約後に会社と自分が合っていなかったことに気付いたり、辞める際にトラブルを抱えてしまう人も多くいるそうです。 派遣は自分で仕事が選べる反面、キャリア計画や企業を見極める目が必要となってきますが、今回はそんな企業の見極め方や円満退職する方法など派遣で上手く会社を渡り歩く方法をご紹介したいと思います。

派遣における企業の見極め方

近年、採用されてから1年未満で辞めてしまう新入社員が多いと聞きますが、派遣においても企業を見極める目は重要です。特に派遣は仕事を紹介する派遣元と実際に働く派遣先の両方を見極めなければいけません。ここではそんな派遣元と派遣先の見極め方をご紹介します。

<派遣元は複数登録して比較しよう>

現在、派遣で働く人に比例して、多くの派遣会社が存在し、抱えている仕事数やスタッフの多い大手企業から専門性の高い中小企業まで様々です。 そのため、まずはいろんな派遣元に登録して比較することをおすすめします。それぞれの利点を活かしながら自分に合ったものを見つけてください。

<派遣先を決める際は派遣元を上手く使おう>

いい派遣会社が見つかっても、良い職場が紹介されるとは限りません。その際は登録している派遣会社に自分の希望や目標を伝え、頻繁にコミュニケーションを取りながら紹介してもらいましょう。派遣元にやる気やスキルを示せば、より良い職場を紹介される可能性は格段にアップします。

派遣会社から円満に退職する方法

しっかり職場を見極めたとしても、どうしても自分に合わないことはよくあります。その際にどう退職するかは重要です。ここではそんな派遣先から円満に退職する方法をご紹介したいと思います。

<派遣期間中は絶対に辞めないこと>

最も重要なのは「派遣期間中は辞めないこと」です。契約期間中に辞めてしまうと派遣先はもちろん、派遣元にも多大なる迷惑をかけてしまい、信用を失いかねません。 仮に自分と合っていなくても、今後を考えると我慢するのが最善の方法だと思います。

<初回の短期契約で見極めること>

多くの派遣で初回に結ぶのはほとんどが短期契約です。そのため、まずは初回の契約期間で職場が自分に向いているか判断しましょう。実際に働きながら向いているか判断し、向いていれば契約延長を結べばいいですし、向いていなければそのまま契約満了で円満に辞めることができます。

<辞める際は真っ先に派遣会社へ相談すること>

辞めたいと思ったら、前もって職場ではなく仲介している派遣会社へ相談しましょう。不満や辞めたい理由を上手く伝えられれば派遣会社ができるだけ円満になるように打診してくれるはずです。 引き継ぎや後任探しなどで時間もかかるため前もって相談し、退職が決まっても契約期間の間はしっかりと仕事をやりきることも円満退社の秘訣です。

Return Top