派遣取説(トリセツ)
00004
2016年10月28日

正攻法だけじゃ生きられない!紹介予定派遣から正社員を目指そう!

派遣社員を続けてきたけど正社員になりたいなら紹介予定派遣も一つの選択
編集部

多くの人は年齢を追うごとに家族を持ったり子供ができたりと、その生活環境が変化するものです。その時、もしあなたが派遣社員をしていたら、これを期に正社員を目指すということも考えるでしょう。
しかし、新卒採用を逃したり、社会人をずっとアルバイトや派遣社員で過ごしたりした人は正社員になるのが難しいのではないか、という風潮があります。はたして本当にそうでしょうか?

紹介予定派遣を利用しよう

正社員になろうと思って正攻法で面接を受け続けても、その会社が欲しいと思わせる人材や経験が無い限りなかなか採用には至りません。しかし、通常の採用活動以外にも紹介予定派遣からスタッフを採用している企業は少なくありません。紹介予定派遣というのは、派遣先企業に採用させる前提で就業し、一定期間後に派遣先企業とスタッフ本人とが合意できれば正社員として採用するというものです。
派遣先企業にとっては、スタッフの能力を見極めてから、スタッフ自身は企業風土を見極めてから採用になるため双方に効率が良いというわけです。

紹介予定派遣から正社員化への道のり

紹介予定派遣として派遣先企業で働く場合、実はそれほど高いスキルを持っていなくても採用される可能性があります。通常の派遣業務として依頼する案件には、それほどハイスキルではなくても可能な業務が多かったり、早急に人が欲しかったりする場面で派遣会社に依頼します。
また、採用に至る判断基準でも、あなたの働きぶりやスキルが問題ないのか?などを同僚にヒアリングをかけた情報を元に決めることが多いので、運用オペレーションをそつなくこなし、運用メンバーともコミュニケーション上問題がなく、これからも業務に必要だと認識されていればめでたく採用、といったものは少なくありません。

中途採用と紹介予定派遣の違いは?

企業が中途採用などの採用活動をする場合、即戦力としてスキルの高い人材を欲していることもそうですが、どのような部署に適しているか、現在の社員と協調性を持って働いてくれるのか、などを見極めなければならず、選考リスクを避けるため判断基準を厳しくしがちです。その点、紹介予定派遣では企業内ですでに同僚と働きながらの採用判断になりますので、あなたの人柄やスキルはある程度知られた状態ですし、すでにコミュニケーションを取っているため、人情的な部分でも有利になるというものです。

まとめ

中途採用の面接を受け続けるよりは、紹介予定派遣から社員を目指すという方法があるということを知っておくことで、いざ生活環境が変わっても慌てなくてすむことでしょう。いろいろな選択肢を知っておけば安心できる場面は多いかもしれないですね。

Return Top