派遣取説(トリセツ)
00128
2014年10月27日

派遣とアルバイト、主婦が働くならどちらが都合がいい?

主婦の方は自身のライフスタイルや家族の意向も考慮したうえで派遣かアルバイトかを決めると良いかもしれません。
編集部

派遣とアルバイトどちらにする?

日頃主婦として家事に携わっているものの、空いた時間を活用して収入を増やしたいと考えるのは特に不思議なことではありません。事実主婦の方が隙間時間を利用して働いているということは多々あります。また、これから働きに出ようと考えている主婦の方の中には、派遣とアルバイトどっちが主婦にとって都合が良いのか、ということで悩んでしまっている方もいるでしょう。ここでは、主婦にとってどちらが都合が良いかを検証してみたいと思います。

派遣で働くメリットとデメリット

主婦が派遣として働くことも充分可能ですし、メリットも沢山あります。まず、派遣なら幅広い職種や職場の選択肢がありますから、自身の希望にかなり近い仕事を見つけることができるでしょう。また、キャリアアップのために様々な体制が整っていることもあります。しかし、派遣の場合は基本的に毎日フルタイムでの労働となることが多く、時間に融通が利かないことが多いですから、この点はデメリットと言えるでしょう。

アルバイトのメリットとデメリット

アルバイトのメリットは、シフトや勤務時間を比較的自由にすることができるということです。週末だけ、週に三回だけ四時間のみ、という働き方も可能です。主婦は自宅で家事をする必要がありますから、こうした働き方ができるのは大きなメリットでしょう。デメリットとしては、派遣に比べて時給が低くなる傾向にあることや、職種によっては週末の忙しい時間帯の勤務を希望されることが多いということが挙げられます。

主婦にはどっちが良い?

自宅で掃除や洗濯、また家族のために食事を用意する必要もある主婦ですから、派遣よりもアルバイトの方が都合は良いかもしれません。勤務日数や時間も自由度が高いですから、家事と仕事を両立させたいのならアルバイトが良いでしょう。また、多少家事が疎かになっても良いから収入をもっと増やしたい、という主婦の方にはアルバイトよりも派遣の方がお勧めです。子供の手が離れて家事もあまりしなくて良くなった、という場合には派遣が良いかもしれません。

ライフスタイルに合わせて決めよう

収入は増えたものの、働きに出たことが原因で家事が疎かになり、家族の仲が不和となってしまうと本末転倒です。そのため、ライフスタイルに合わせて派遣にするかアルバイトにするか決めると良いでしょう。小さな子供がいて、一日数時間実家が預かってくれるというようなケースならアルバイトやパートが良いですし、家族の了承が得られれば派遣で思いっきり働くのもありでしょう。ライフスタイルを考慮したうえでもう一度考えてみましょう。

Return Top