派遣取説(トリセツ)
00032

薬剤師

薬剤師はどのように働ける?
編集部

薬剤師とは

薬剤師になるには、大学の薬学部か薬科大学で6年間の薬剤師養成課程を修了しないとなれない国家資格保持者でありますが、現在法律の改訂で、薬が市場で簡単に手に入るようになってきているので、その分、薬剤師の需要も広がっています。ドラッグストアやコンビ二に併設されているケースもあり、裾野が広がって来ています。 勤務場所は、ドラッグストアのほかにも、薬品会社の研究員、病院勤務の人、大学、調剤薬局など様々です。 薬剤師とはそもそも、人々の病気やケガを治すために、薬を調合したり研究したりするのが仕事です。なにをするかというと、どの薬をどのようなタイミングで飲めばいいかを患者に説明する服薬指導、医師が出した処方せんをもとに出した薬が患者にとって問題がないか、確認をする作業などを行います。

薬剤師に向いている人

何もかも薬を配合するうに、グラム単位、ミリ単位で正確にする必要はありませんが、細かい作業にも手を抜かない、几帳面で責任感のある人が向いているでしょう。 また、薬学の知識を上手に人に伝えられるコミュニケーション能力が大事です。人を笑わせたりする能力はなくてもいいですが、わかりやすく伝える技術は身につけておいた方がいいです。お医者さんに乱暴に出された、何の説明もないまま出された薬を、薬局で薬剤師さんが丁寧に説明してくれたら、うけとる患者もうれしく、安心するものです。 また、最近では、患者の管理や調剤した薬のデータをパソコンで管理する薬局も多く、excel などのパソコンスキルがあるとなおいいです。 製薬会社などだと、新たな職も増えています。治験コーディネーター、臨床開発モニター、医薬情報担当者、臨床開発など、その分新たな仕事領域も増えますから、勉強もしていきつつ、探究心を忘れてはいけません。

薬剤師の働き方

正社員として、何不自由なく働いている人はいいと思いますが、やめたいと思う人も多いようです。意外にも、薬剤師さんは離職率が高く、実に7割以上の人が、離職経験があります。 一人の正社員にかかる負担が多いようです。残業や休日出勤ばかりだとなんのために働いているか分かりませんよね。 派遣でも給与に関して言えば、正社員、いやそれ以上稼げるというケースもあります。平均時給が2500円から3000円くらいが相場、月20日ほど働けば、並の正社員くらいにはなります。 無理なく働け、自分の希望する時間、業務につけるならうれしいですよね。

Return Top