派遣取説(トリセツ)
00027
2017年1月15日

派遣会社にとって、第二新卒者というのは大歓迎である

即戦力になる人材も大事だが、第二新卒者のような人材も大事
編集部

大学を卒業してどこかの企業に就職をしたものの、一年も持たずに辞めてしまったような人のことを「第二新卒者」といいます。 夢や希望を持って就職はしたが、思っていた会社とは違う、人間関係がどうしてもうまくいかない、という理由ですぐに辞めてしまう新卒者も決して少なくはありません。 とはいえ、働かないことには生活もしていけませんので、どこかの会社などの働き口を探すことになります。 実のところ、派遣会社にとってこういった「第二新卒者」という人材を大いに歓迎をしているのです。 第二新卒といえば、一度就職に失敗しているとはいえども、若くてまだ世間にあまり揉まれていない真っ白な人材でもあります。 同じように、派遣先の企業というのも新卒採用が100パーセント成功したわけではありませんので、こういった第二新卒者の中に取りこぼしがあるのかもしれないという期待を大いに感じているわけです。 第二新卒者というのは、就業経験がない分伸びしろが多く、雑務を任せても文句ひとつ言わずにそれだけをコツコツと取り組む「現代の若者の特徴」を上手に活かしてもらえるのです。

若年者就職支援制度で鍛える

ここ最近、派遣会社というのは若い人材の就職支援に力を入れており、「合同面接会」や「企業説明会」というのを積極的に行っています。 このことを俗に「若年者就職支援制度」と呼ばれています。 市町村からの助成金を利用していることから、ハローワークと連携して行う若年者向けの支援事業のことになります。 要するに、一定の期間中第二新卒者のような若い人材を対象に、社会人としてのマナーや立ち振る舞いなどの教育を行い、そのまま「紹介予定派遣」へと引き渡すことなのです。 今では、この制度を目当てに派遣会社へと登録を申し込む第二新卒者も増えているといわれています。 上手くいけば、前に就職していた企業よりも大手の会社に就職ができるというラッキーなことも決してなくはないのです。

自社の派遣会社に就職してもらう

第二新卒者のような、大卒とそう変わらないような人材を欲しいと思う会社はたくさん存在していると思います。 それは、登録をする派遣会社も同じことがいえるのです。 仮に、このような若い第二新卒者が登録に来た際、他の企業に紹介をするのがもったいないような人材であれば、その派遣会社自身がスカウトをするということも決してない話でもあります。 正直な話、派遣会社は大々的に社員募集は行っていないことが多いですので、自分から声をかけて売り込んでみるのも就職活動の短縮になるのかもしれません。

Return Top