派遣取説(トリセツ)
00026
2016年12月20日

こんな派遣スタッフは嫌だ!応募しても一向に話が進まない人の特徴とは?

派遣会社に登録してもなかなか仕事が紹介されない人の特徴とは?
編集部

みなさんは派遣会社に登録して満足してはいませんか?派遣会社に登録したにも関わらず、「毎回不採用になる」「良い求人が紹介されない」というように応募しても一向に話が進まないケースは多くあります。 そういった人たちは運が悪いのではなく、確実に何か理由があります。 今回は派遣で良い仕事を紹介してもらうために知っておきたい「派遣会社から嫌われる人の特徴」や「効果的なアピール術」をご紹介したいと思います。

こんな派遣スタッフは嫌だ!

では、登録後すぐに仕事が決まる人と全く決まらない人にはどんな違いがあるのでしょうか?ここでは是非とも注意したい派遣会社から嫌われる派遣スタッフの特徴を一挙にご紹介します。

約束を守らない人

社会人として当たり前ですが、時間や約束を守らない人はまず仕事を紹介されないでしょう。例えば、最初の登録会に遅刻したり、提出物の期限を守らないのはNGです。 もし、そういった派遣スタッフが派遣先で問題を起こしてしまった場合、派遣会社が責任を取らなくてはいけないため、こういった信頼できないスタッフはまず仕事を紹介されないでしょう。

条件を欲張りすぎる人

派遣会社に自分の希望を細かく伝えることは非常に重要です。しかし、欲張りすぎには注意しましょう。全く仕事が紹介されない人は登録の際に条件を欲張りすぎているかもしれません。「ここは譲れない希望」と「できれば叶えたい希望」を分けながら、仕事に対する優先順位をしっかり付けて、妥協できるところは妥協することが重要です。

自分の強みをアピールできていない人

仕事が紹介されない人のなかには、そもそも「スキル不足」と判断されている人も少なくありません。希望する業種や求人を射止めるために日々スキルを磨くことはもちろんですが、自分の持っているスキルや強みを派遣会社へしっかりとアピールすることで紹介される仕事の数や質は確実に上がるでしょう。

コミュニケーションが取れない人

ビジネスにおける基本「ホウレンソウ(=報告・連絡・相談)」ができていない人も嫌われてしまいます。最初の登録会や面接での受け答えや日々の報告・連絡は意外とよくチェックされているので注意しましょう。特にネガティブなこと(派遣先でのミスや遅刻、欠席など)は派遣会社側にも迷惑がかかることなので、すぐに連絡を入れる必要があると思います。また、コミュニケーションが上手く取れる人は派遣先・派遣会社問わず多くの人と関係を築いていきましょう。気に入られることでいい仕事の紹介や契約更新に繋がることも多いです。

Return Top